トークイベント/わたし、モテなくてもいいですか?「モテるまちづくり」の著者に聞いてみた!

トークイベント/わたし、モテなくてもいいですか?「モテるまちづくり」の著者に聞いてみた!

N9.5齊藤です。
「モテるまちづくり」という本に出会ったのは2015年の初頭でした。友人から「しのぶさんに絶対読んでほしい本あんねん!友達の本なんやけど!」と手渡され、「ほな、1500円で!お安うしときます!」と、ほとんど押し売り(笑)されたやつ。


なになに?
”た・に・りょ・う・じ・・・
1980年大阪生まれの社会学者、劇団「ぬるり組合」作家・演出家。本作でSF作家デビュー。”

・・・あー、これ完全にアレな人じゃん。
まちづくりやってる人って劇団やってるのが多いのはなんで?(←偏見)

タイトルも、アレじゃん。「モテるまちづくり」って!帯もすごいなー。「まちづくりに疲れた人へ」って!疲れたらやめればいいのに!w

ところがですよ。
受け取った帰りの電車で一気に読んでしまい、「アレな人」という前言を盛大にひっくり返して、一方的に師と仰ぐようになったのでして。


谷亮治さんご本人に初めてお会いしたのは2015年の4月。同書の読書会&おむすびワークショップを、Okatteにしおぎでしていただいて。
せっかくお会いしたのだから、もっと色々話せばよかったのに、私は何故か乙女っぷりを発揮して(おむすびを食べるのに夢中だったので)、何をお話ししたのかよく覚えていない。非モテ極み乙女。

その後の私は、谷さんの興味深くかつスマートなFB投稿に、一方的にアレなコメント投稿を繰り返しつつ、思いを募らせること約2年。今回、様々な偶然が重なり、ついにぞ、トークイベントにお招きすることとなったのです・・・。


谷さんは社会学者ですが、「モテるまちづくり」は、学術論文ではなく。「科学的な知見は参照するが、多くは”大胆な仮説”で、その意味で、SF(サイエンス・フィクション)」だと、ご本人は言う。
でもなあ、手にとって読んでいただくとわかるのですけど、この本は、、、いわば、、、、
なんでしょう、、、、うーん。

「祈り」の本、ですかね。

同じSFでも、「ソーシャル・ファンタジー」かしら。
いや、そんな言葉無い気もするけど。


正直に言うと、私は「まちづくり」自体にはほとんど興味を示さないもので、ど真ん中、まちづくりの話になるかどうかは、微妙だったりするのだけど。
むしろ、まちづくりに限らず、人が出会い、集まることへの希望とか、想像力の方を中心に、谷さんへ2年越しの思いを、ぶつけてみようと思います。

ハァァァァーーー、緊張してきた!w
ので、ちょっとアルコールを引っ掛けてから、
はじめたいと思います!

年末でご多忙と思いますが、
仕事を早いところ納めて来てください!

 

■ここからイベントのお知らせ■

——————
The Small Circle Of Friends #002
わたし、モテなくてもいいですか?
〜「モテるまちづくり」の著者にきいてみた!〜
——————

「地域のためにやろう、誰かの役に立ちたい、
という純粋な思いでスタートしたのに、
わたし、”まちづくり”に
疲れちゃったんです・・・・。」

そんなあなたの、「お疲れ」をぶっ飛ばし、
まちづくりに限らず、
人が出会い、集まることへの
希望を取り戻したい。
そんなトークイベントです。


はじめまして。
# 001のゲスト、西荻窪「ていねいに、」の店主福田さんからバトンを渡されました、N9.5の齊藤と申します。
まち暮らし不動産という、不動産屋などをやっております
お近くのプロジェクトですと、okatteにしおぎというシェアキッチン&リビングの
コーディネートなどしています。
(・∀・)ノオイーッス


まちづくり、コミュニティデザイン、場づくり、居場所づくり、などに関わる人や踏み出す人が増えてきました。
「自分はやってるのに、あの人は何故やらないの?」
「まちのために、自分が犠牲になっている気がする・・・
というような、疲れる状態(”まちづくりの呪い”)を乗り越えて、
人が出会い、集まることへの希望を論じた本、その名も、

「モテるまちづくり」。

その著者、谷亮治さんをお招きしての
トークイベント、させていただくことになりました。

まちづくりでモテるってどゆこと?
そもそもまちづくりってなんやねん。
さらには、
まちづくりで疲れないコツ、それは、モテることである!
という谷さんに対して、わたくし齊藤は、
自身の体験や取り組んできたプロジェクトを振り返りつつ
「んー、別にモテなくても疲れないですが・・・」と、
真っ向から疑問を投げかけてみたいなと
思っております。

クリスマスの翌日。
聖夜にモテた人も、モテなかった人も(爆)
ご一緒にどうぞ!


日時:2016年12月26日 19時〜21時
会場:クワランカ・カフェ/吉祥寺駅徒歩2分
(武蔵野市吉祥寺南町 1-8-11 弥生ビル 3F)
https://www.facebook.com/qwalunca/
http://qwalunca.com/
参加費:2000円+ワンドリンクオーダー
※ご希望の方はお店でお食事もできます。

ゲスト紹介:
■谷亮治さん /『モテるまちづくり』著者
——–
京都市まちづくりアドバイザー。博士(社会学)。専門はコミュニティの有効性と成立要件、住民参加のまちづくり論。在学時よりまちづくりNPO法人の事務局を務め、2011年より現職。

■齊藤志野歩 / まち暮らし不動産 代表
——–
株式会社エヌキューテンゴ代表取締役。
不動産投資ベンチャーを経て現職。地域と関わりながら暮らすための不動産業、場づくりを伴う不動産開発を行い、阿佐谷みずいろの家、okatteにしおぎなどのプロジェクトを生み出す。阿佐谷おたがいさま食堂の発起人。

■■■
——The Small Circle Of Friendsとは?—-
吉祥寺クワランカ・カフェで、ゆるゆると開かれるトークイベント。
飲んだり食べたりしつつ、ゲストの話をうかがいます。
タイトルは、ソフトロックの名作「ロジャー・ニコルズ&ザ・スモール・サークル・オブ・フレンズ」から、直訳すると「小さな友達の輪」。
あのお昼の名コーナーのように(?)、話したゲストが、次回のゲストを指名していくので、これからどんな展開になるのか予測不能。でもきっと、なにか素敵な世界が覗ける気がしませんか?
ぜひご一緒にどうぞ。
(クワランカ・カフェ 稲垣さんより)
———————————————————

関連情報