地域のリソースを活かすちから

地域のリソースを活かすちから
2018/3/7 / by / in

こちらは東京都日野市、JR中央線豊田駅から徒歩15分ほどの住宅地の「町内会」をベースとした集まり。地域にある資源を活かして、自分たちの暮らしに足りないものを作り出そう、そのための力をつけよう、という試み。

日野市の「空き住宅等地域貢献専門家派遣事業」は、そういう地域の取り組みに、専門家を派遣する事業で、まち暮らし不動産は専門家として(!)呼んでいただいているのです。

「空き家活用事業」というと、「空き家と使いたい人をマッチング!」みたいなことが言われがちですが、そんなんは普通に不動産屋が毎日毎日やっておりまして。それじゃだめだから「空き家」になっているのでして。

空き家だけでなく、「水資源」とか「景観」とか「まちなみ」といった地域資源も同様で、「よくつくり、よく活かし、よく仕舞う」ための一連活動にはコツがあるです。

まち暮らし不動産は「活かすちからをつける」ことを、ともに実践しながら学んでいく不動産屋でありたいと思っています。

この事業は今年度から始まった、まだ半年ほどの取り組み。こういう骨太の事業に、事業化段階からお誘いいただけたのはとても嬉しいです。来年度もがんばるぞー。