距離観コラム(4)

距離観コラム(4)
2020/4/24 / by / in

家でこもる人たちに送る「距離観コラム」。
本日は齊藤です。

閉鎖空間で仕事をするプロは、どうしてるんだろか。

というわけで、この世でもっともやばい閉鎖空間、国際宇宙ステーションで働く宇宙飛行士の野口聡一さんに聞いてみました!息が詰まるからといって、ちょっと外に出て気分転換とか無理だよなあ。(外に出たら物理的に息が詰まる)

—–
質問:
「宇宙ステーションにいる間、人間関係はどうですか?クルーはケンカしますか?狭い空間で一緒にうまくやるにはどうするんですか?」

野口さん:
「打ち上げの前に2年ぐらいかけて訓練するんですけども、その間にお互いの長所や短所、『これをやったら怒る』や『これをやったら仲直りできる』を学び合いますね。」
—–

※テレビ番組で野口さんがお話していた内容です。

野口さんの本、わたしのイチオシはこれ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4907818696/