ブログ

[先駆的空き家対策東京モデル支援事業]

[先駆的空き家対策東京モデル支援事業]

東京都都市整備局による「令和元年度先駆的空き家対策東京モデル支援事業」の採択事業が7/31に決定しました。このうち東京都日野市が実施する「(仮称)空き家の学校」制度創設事業」について、まち暮らし不動産(株式会社エヌキューテンゴ)が受託し、ご一緒することになりましたのでお知らせいたします。

ーーー以下は東京都発表内容の抜粋ですーーー
東京都では、今年度新たに区市町村による空き家対策の横展開を図ることを目的として、標記事業により先駆的かつ高度なノウハウを要し、共通課題の解決を図る空き家対策事業を実施する区市町村を募集したところ、3自治体から応募がありました。
このたび、実現可能性、発展性等の観点から審査を行い、応募のとおり以下の3自治体(4事業)を採択しましたので、お知らせします。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/07/31/01.html

2019/8/9 / by / in
「ビッグイシュー」という雑誌をご存知ですか?

「ビッグイシュー」という雑誌をご存知ですか?
4/1発売の356号、特集は「シェア・キッチン」です。okatteにしおぎも3Pにわたり、取り上げていただきました。

とてもいい雑誌です。毎回読み応えあり。取材を受けていても、編集に携わるみなさんの、しなやかな人柄が印象的でした。さまざまな事情で定住する家を持てない人の社会的自立を応援する雑誌で、一般の本屋さんには売っていません。全国各地で販売員さんがいますので、探してみてくださーい。

https://www.bigissue.jp

2019/4/4 / by / in
【まち暮らしポーカー】

【まち暮らしポーカー】

こんにちは、はじめまして!ちょっと前から、まち暮らし不動産の中におります、乙川貴絵と申します。

私、最近、まち暮らし不動産で流行らせようって思っている遊びがありまして、その名も「まち暮らしポーカー」と言います。

〈まち暮らしポーカーとは〉

1.自分の頭の中で集めるお題(ポーカーでいうところの役)を決めておく。
採取対象は「街の中にある気になっちゃうもの」お題は何個あっても大丈夫です。

(私は「植木鉢」「落し物」「貼り紙」「動物の置物」などなど、同時進行でいろいろ集めています)

2.日々の生活を送りながら、街中で「おっ!」と思うものがあったら、写真におさめます。

(案外、撮った写真から「このお題集めてみようかなー」と後から思うこともしばしばです。「おっ!」と思ったら写真に撮るのが大事かも。)

3.同じお題の写真が5枚集まったら「完成」!
人に見せて喜びますw

そんな遊びをしていたのですが、このたび、まち暮らし不動産経由で発信することにOKを頂いたので、これから時々、まち暮らし不動産の社員による、謎の写真がアップされることがあると思います。ご笑覧頂けたら幸いです。

ちなみに「そのお題なら、もっといい写真持ってる!」とか、「アルバム見直してたら、なんかいい感じで5枚揃ってたー」みたいな方がいたら、ぜひお披露目お願いしたいです。

写真に #まち暮らしポーカー と、お題とタグをつけて、遊んでみてくださいね!

まずは一例になればと思い、私の揃ったお題から。「 #代用植木鉢」です。植物が好きなので、街中にある草木は、いつもなんとなく気になってます。

2018/11/2 / by / in
【おかしのいえ】

【おかしのいえ】
国立のコトナハウスでつくった「おかしのいえ」、譲り先を募集してるようです。投稿の内容をよくお読みの上、ぜひご応募ください!(仲介業務じゃないですw)

イチオシ活動(おかしの家)

<iframe src=”https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fkotonahouse%2Fposts%2F1924069441045727&width=500″ width=”500″ height=”656″ style=”border:none;overflow:hidden” scrolling=”no” frameborder=”0″ allowTransparency=”true” allow=”encrypted-media”></iframe>

2018/10/29 / by / in
<スナックひみつ byまち暮らし不動産>

<スナックひみつ byまち暮らし不動産>
ゴールデンウィークは案外暇。な方へ。

5/2と5/5の14時〜21時ごろ、まち暮らし不動産の「阿佐ヶ谷ひみつ事務所」(JR阿佐ヶ谷駅徒歩3分ぐらい。場所はひみつです)をあけてます。スナックといってもお店じゃないので、飲み食いは主に持ち寄りで。どなたでもどうぞ。光熱費などとして18歳以上500円チャージでお願いいたします。それ以下は無料です。こどももOKです。

代表の齊藤がおりますが、
とくに、話のネタもありません。
いるだけです。w

なにか話したいことがあればどうぞ。とりあえず「ふ〜ん」と聞きますが、適切なアドバイスや回答があるかどうかは微妙です。(そもそも飲んじゃってへべれけだと思いますし。)

場所は「ひみつ」です。名刺の住所ともちがいます。グーグル先生に聞いてもわかりません。なので、「行ってみたいよ」という方は、メールまたはメッセージをください。以前に来たことがあって場所を知っている方も、いらっしゃる場合は、直前でもいいので、連絡をいただけると助かるです。

welcome@n95.jp

まち暮らし不動産 齊藤

2018/4/27 / by / in
\取り上げていただきました/

\取り上げていただきました/
LIFULL HOME’S総研さんの年次レポート。今年のテーマは「住宅幸福論 Episode1 住まいの幸福を疑え」。 みかんハウス、 Okatteにしおぎの事例紹介、そしてディスカバリーツアーの写真も。ありがとうございます。

—–
「家に住む」から「まちと暮らす」へ。
—–

「まち」とか「社会」の未来を遠くのぞみつつ。
それでもやっぱり、わたしたちは、「住まい」や「暮らし」の現場に自由と幸福をつくり続けたいと思います。なぜなら、それこそが「まち・社会の未来」そのものだと思うからです。

https://www.homes.co.jp/souken/report/201804/

2018/4/15 / by / in